rel 【きょうの料理】大原千鶴「秋の天ぷら」作り方|舞茸、さつまいも、ぎんなん

【きょうの料理】大原千鶴「秋の天ぷら」作り方|舞茸、さつまいも、ぎんなん

大原千鶴さんの「小粋な季節の食卓
パートナーは桂南光さんです。

「10月の食卓」は秋の味覚を楽しみます。
旬のきのこ、さつまいも、ぎんなんを天ぷらに。

衣に卵を使わずカリッと揚げるコツは必見!
シンプルで素材のおいしさが際立つレシピは
塩でいただくのが◎だそうです。

早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「秋の天ぷら」

材料(2人分)

舞茸:1パック(80g)
さつまいも:1/4本(60g)
ぎんなん:10個
青柚子の皮:適宜
【衣】
小麦粉:60g
冷たい水:1/2カップ

作り方

① 下ごしらえ
・ ぎんなんは殻から出す。
・ 舞茸は根元の堅い部分を落とし大きめにほぐす。
・ さつまいもは5㎜厚さの薄切り。
・ ポリ袋に舞茸小麦粉(大さじ1)を入れて振り、粉を全体にまぶす。
※ 衣をつける前に小麦粉をまぶすと、衣がはがれずカリッと揚がる。
② 揚げ油を中火170℃に熱し、薄皮付きのままぎんなんを入れる。
※ ぎんなんの薄皮は揚げるうちにはがれる。
③ 菜箸で転がしながら透明感が出るまでサッと素揚げ。油をきる。
④ ボウルに衣の材料を入れて粗く溶き、舞茸をくぐらせる。
※ 衣は混ぜすぎず粗く溶く。ダマダマがいっぱい残っててもOK。
※ 卵抜きならば少しおいてもカリッと。
⑤ 揚げ油を中火160~170℃に熱し舞茸を入れる。
⑥ 表面が固まってきたら上下返しながら1~2分揚げ、油をきる。
⑦ ①のポリ袋にさつまいも小麦粉(大さじ1)を入れて粉を全体にまぶし衣にくぐらせる。
⑧ 舞茸と同様に揚げ、全体がカリッとしたら油をきる。
⑨ 野菜(少々)をふって器に盛る。
⑩ すりおろした青柚子の皮をふり、好みで(適量)をつけていただく。

今回紹介されたレシピ

秋の天ぷら
鶏と栗のしょうが煮
アルデンテごはん梅かつお添え・えのきのお吸い物

おすすめレシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました