rel 【あてなよる】「男爵いものガレット」大原千鶴|芋で呑む

【あてなよる】「男爵いものガレット」大原千鶴|芋で呑む

平井理央さんと松尾諭さんをゲストにお迎えして
極上の料理と酒のマリアージュでおもてなし!

今回は「いも」の宴です。

酔っていても作れるほど簡単なのに絶品な「あて」
大原千鶴さんの素敵なレシピです。
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「男爵いものガレット」

スペイン産ドライシェリー フィノ
パロミノ種

材料(2人分)

男爵いも:2個(300g)
バター:20g
塩辛:小さじ1
セリ:適宜

作り方

① 下ごしらえ
・ じゃがいもは皮をむいてせん切り。
・ バターは細かく切る。
② フライパンにじゃがいもを敷き詰める。
③ バターをのせ塩辛を散らして蓋。
④ 時々ヘラで押し付けるように焼く。
⑤ 片面が色よくこんがり焼けたら返し、再び蓋。
⑥ 時々ヘラで押し付けて焼く。
⑦ 皿に盛ってセリを飾り食べやすく切る。

ラベル、見えましたね。サービスショット。

せん切りはスライサーに頼りがち(笑)
志麻さん愛用のお品↓

「芋で呑む」レシピ

干し芋の生ハム巻き
男爵イモのガレット
里芋まんじゅう
和風ドリア「麦とろ飯

大丸東京・京都で人気№1おせち
もろもろ丁度良くて狙ってます♡

おしまいに

芋で呑むより、芋を呑むがマイスタイル。

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました