rel 【きょうの料理】土井善晴「チキンカレー・野菜とゆで卵の酢漬け」作り方

【きょうの料理】土井善晴「チキンカレー・野菜とゆで卵の酢漬け」作り方

2021年11月8日(月)NHK「きょうの料理

自然体の料理(!)

土井先生のレシピは
動画を見るのはすごく楽しいのですが
文字にするには難しいものがあります(笑)

今回は
油脂少なめで、丁寧な?独特な?火入れの土井流「チキンカレー」です。
基本的にはシンプルなレシピ。
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「チキンカレー」

おいしそうな焼き色を付ける!
「カレーは度胸」

材料(2~3人分)

骨付き鶏もも肉ぶつ切り:500g
玉ねぎ:2個(400g)
皮付きしょうが:20g
おろしにんにく:1片分
バター:30g
小麦粉:大さじ4
カレー粉:大さじ2
レッドペッパー:小さじ1 
トマトケチャップ:50g
水:4カップ
ごはん:適量

1人分

880kcal 塩分3.0g

作り方

① 下ごしらえ
・ にんにくしょうがはすりおろす。
・ 鶏肉(小さじ1、肉の重量の1%)をまぶす。
・ 玉ねぎは縦半分に切って縦に薄切り。
② 鍋にサラダ油(大さじ1/2)とバターを入れ玉ねぎしょうがにんにくを加えて軽く混ぜる。
③ 強火にかけ、バターがなじんだら放置!
④ 焼き色がついたら底から大きく混ぜる。
※ 混ぜることで鍋底の焦げがとれる!
⑤ さらに7~8分、大きく混ぜながら全体が軽くキツネ色になるまで炒める。
※ 玉ねぎは勇気をもって茶色に焦がす!焦げはうま味、焦げは色!ただし真黒焦げはNG。
⑥ 小麦粉を加えてさらに炒めたら「玉ねぎだんご」になる。粉に火を通して玉ねぎがさばけるくらいまで炒める。
ココで切り替えて鶏肉ですよ。
⑦ フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を入れる。
⑧ 水けを拭いた鶏肉を皮を下にして加える。
⑨ 強火でこんがりしっかり焼き色をつける。
鍋に戻りますよ。
⑩ カレー粉を加えて炒め、鍋底、鍋横をこそげて旨みにする。
「ほったらかしたらホンマに焦げますよ(笑)」
⑪ レッドペッパーを加えて火を入れ、トマトケチャップを加えてしっかり炒めてやはり焦げをはがす。
⑫ 鶏肉を鍋に投入してなじませ、余分な水分を飛ばしながら乳化(鶏に汗をかかす)
※ 終始強めの火加減で。
⑬ を3~4回に分けて加える。水を入れる混ぜる煮立つ次の水、みたく。
※ 最初の水は、余分な脂を捨てたフライパンに入れて軽く混ぜ、鶏の旨みと一緒に鍋に加える(オンエアでは省略)
⑭ ゆっくり溶きのばし(小さじ1/2)を加える。
⑮ 底から混ぜながらトロミがつくまで15~20分煮込む。
※ (適量)を加えても。
⑯ 器に温かいごはんを盛りカレーをかけ、ゆで卵の酢漬けを食べやすく切って添える。

「秋野菜とゆで卵の酢漬け」

茹でて調味料に漬けるだけ、カレーの副菜に◎
ただし酢や香辛料に火が入っていないので長期保存には不向き。

材料

れんこん:60g
ゴボウ:60g
カリフラワー:60g
卵:2個
【漬け汁】
米酢:1カップ
水:1カップ
砂糖:大さじ5
塩:大さじ1
@国産レモン:薄切り3枚
@赤唐辛子:1本
@ローリエ:1枚
@黒コショウ:10粒

作り方

① 下ごしらえ
・ 黒コショウは軽く潰す。
・【キレイなゆで卵】鍋にと被るくらいのを入れて中火。沸騰したら火を弱め8分茹でる。冷水にとって冷まし、殻をむく。
・ れんこんは皮をむいて5㎜厚さの輪切り。
・ ゴボウはよく洗って5㎝長さに切り縦半分または4~6等分。
・ カリフラワーは小さめの小房。
② 鍋に湯を沸かしれんこんゴボウカリフラワーを茹でてザルに上げて冷ます。
※ 野菜の透明感が目安。
③ ボウルに漬け汁の材料を入れて混ぜ合わせる。
④ れんこんゴボウカリフラワーを入れてラップでぴったり表面を覆う。
⑤ 一晩以上置いてなじませる。

全量

310kcal 塩分4.9g

今回の土井先生のレシピ

おすすめレシピ

おしまいに

土井先生の藍のお召し物、素敵でしたね。
明日も楽しみです。

それにしてもさぁ、さすがの土井節でさぁ。
言わんこっちゃない
文章にするのは厄介至難の業なんですよね~(笑)

それでもなんとか参考にしていただけたら幸いです。
今日も明日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました