rel 【まんぷくメシ】江戸東京野菜レシピ|ごせき晩生小松菜・シントリ菜・滝野川ごぼう

【まんぷくメシ】江戸東京野菜レシピ|ごせき晩生小松菜・シントリ菜・滝野川ごぼう

2021年11月17日(水)NHK 「梅沢富美男と東野幸治のまんぷくメシ!

今回は
江戸時代から伝わる江戸東京野菜の登場です。

栽培に手が掛かるなどで消えつつあったその姿ですが
「絶やしてはならない」と
強い思いの農家さんが栽培を続けているそうです。

西東京市から
ごせき晩生小松菜」と白菜の仲間「シントリ菜
小平市から
ゴボウの先祖「滝野川ごぼう」が登場し

その絶品レシピを教えていただきました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「小松菜のナムル」

ごせき晩生小松菜

材料

ごせき晩生小松菜: 100g
塩・コショウ:各少々
鶏ガラスープの素:小さじ1/2
ごま油:小さじ1
いりごま:少々

作り方

① 小松菜ゆで。
② 食べやすい大きさにカット。
③ 塩・コショウ鶏ガラスープの素ごま油と混ぜ合わせる。
④ いりごまをふりかける。

「小松菜と豚肉の炒め物」

「めちゃめちゃごはんに合いますよ」

材料

ごせき晩生小松菜: 100g
豚肉:250g
片栗粉:小さじ2
【梨のソース】
@しょうが:小さじ2
@醤油:大さじ1.5
@酒:大さじ1
@みりん:大さじ1
@酢:大さじ1
梨:1/2個

作り方

① をすりおろしと混ぜ合わせる。
② 豚肉片栗粉をまぶして焼く。
③ 豚肉が焼けてきたら小松菜を入れてしんなりするまで炒める。
④ 梨のソースを絡める。

「小松菜とシントリ菜のもつ鍋」

シントリ菜 (ちりめん白菜とも)

材料

ごせき晩生小松菜:適量
シントリ菜:適量
もつ:適量
ニラ:適量
もやし:適量
にんにく:適量
赤唐辛子:少々
いりごま:適量
@水:1ℓ
@鶏ガラスープの素:大さじ3
@粉末だし:大さじ1
@オイスターソース:大さじ1
@酒:小さじ2
@みりん:小さじ2
@めんつゆ:小さじ2
@塩:少々

作り方

① 鍋にシントリ菜を敷き詰める。
② 他の具材を入れる。
③ を注ぎ入れて煮る。

「滝野川ごぼうのかき揚げ」

滝野川ごぼう

材料

滝野川ごぼう:70g
天ぷら粉:適量
水:適量
大根おろし:適量
醤油:適量

作り方

① ゴボウを5㎝幅でなます切り。
② 天ぷら粉で溶きゴボウをくぐらせて揚げる。

「滝野川ごぼうのけんちん汁」

材料

滝野川ごぼう:75g
大根:100g
里芋:50g×4
人参:40g
油揚げ:1枚
木綿豆腐:200g
粉末だし:大さじ1弱
醤油:大さじ2
サラダ油:大さじ1

作り方

① 下ごしらえ
・ ゴボウ人参はささがき。
・ 大根はいちょう切り。
・ 里芋は皮をむいて輪切り。ヌメリをとる。
② 水で洗い水けをきったゴボウサラダ油でよく炒める。
③ 里芋を加えてさらに炒める。
④ が回ったら醤油を回しかけて炒める。
⑤ 香りが立ったら大根を加えさらに炒める。
⑥ 粉末だしを加える。
⑦ 野菜が柔らかくなったら豆腐油揚げ人参を加えて煮る。
⑧ 火が通ったら出来上がり。

「滝野川ごぼうの炊き込みごはん」

材料

滝野川ごぼう:80g
米:2合
@白だし:40㎖
@酒:大さじ1
@みりん:大さじ1弱
@塩:小さじ2/3
@醤油:大さじ1/2

作り方

① 下ごしらえ
・ ゴボウは3㎝のささがき。水に10分さらす。
・ は研いで少なめので吸水。
② 炊飯釜にを入れすべての調味料を入れる。
③ 2合の目盛りまでを足す。
④ ゴボウをのせて炊飯。

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました