【あてなよる】大原千鶴「セロリの葉の苦いコロッケ」ビターで呑む

スポンサーリンク

島田雅彦さんと鶴田真由さんをゲストにお迎えして
極上の料理と酒のマリアージュでおもてなし!

今回は「苦いもの尽くし」の宴です。

酔っていても作れるほど簡単なのに絶品な「あて」
大原千鶴さんの小粋なレシピ
早速ご紹介します!

セロリ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「セロリの葉の苦いコロッケ」

ジンソーダ、レモン果汁抜き
京都のクラフトジンで。

材料

じゃがいも:2個
セロリの葉:適量
レモンの皮:少々
メース:適量
小麦粉:適量
溶き卵:適量
サラダ油:適量

作り方

① 下ごしらえ
・ レモンの皮はせん切り。
・ セロリの葉はみじん切り。
・ メーは水に浸けておく。
・ じゃがいもは皮をむいて一口大。
② 鍋にじゃがいも、ひたひたの(ひとつまみ)を入れ、蓋を斜めに掛けて加熱。
③ 竹串がスッと通るまで茹でる。
④ 蓋を外して水分を飛ばしマッシャーで潰す。
⑤ バットに広げて完全に冷ます。
※ いったん冷ますことで揚げたときに弾けにくくなる。
⑥ セロリの葉レモンの皮メースをバットに加えて混ぜる。
⑦ 直径3㎝ほどに丸める。
※ 山椒塩をつけても◎
⑧ 小麦粉溶き卵パン粉の順につける。
⑨ 170℃サラダ油で揚げる。

メースとは何ぞや?

ナツメグを包むレース状の種皮部分。種子であるナツメグよりも、マイルドで繊細な香りを持っています。独特の甘い芳香があり、ナツメグと同様に主に肉料理の臭い消しとして使用されます。

んじゃ、ナツメグで代用しちゃおうか二度と使いそうにないので

木の芽、玉露、しょうが、柚子などなど…

「ビターで呑む」レシピ

鶏レバーペースト~コーヒー豆の苦みを添えて
セロリの葉の苦いコロッケ
牛ミスジのタリアータ~焼きチコリを添えて
小鮎の稲庭ベーゼ

関連レシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました