【あてなよる】「牛のタリアータ~煮干のアンチョビ風ソース」ビターで呑む

スポンサーリンク

島田雅彦さんと鶴田真由さんをゲストにお迎えして
極上の料理と酒のマリアージュでおもてなし!

今回は「苦いもの尽くし」の宴です。

酔っていても作れるほど簡単なのに絶品な「あて」
イタリア名物の牛ステーキ「タリアータ」に
煮干で作るアンチョビ風ソースを添えた
大原千鶴さんの小粋なレシピです。
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「牛ミスジのタリアータ~焼きチコリを添えて」

トスカーナ地方の赤ワインで。

材料(2人分)

牛ステーキ肉:適量
塩・コショウ:各少々
チコリ:1本
煮干:20g
@オリーブ油:大さじ3
@レモン果汁:小さじ1
@濃口醤油:小さじ1
@おろしにんにく:少々
菊の花:適宜

作り方

① 下ごしらえ
・ 煮干は耐熱皿に入れて600Wで1分レンチン。カリっとさせて細かく刻む。
② ボウルに@、煮干を混ぜる(ソース)
③ フライパンを中火にかけ塩・コショウした牛肉を焼く。
④ 途中返してこんがり焼けたら、アルミホイルに包んで余熱で火を通す。
⑤ 同じフライパンに半分に切ったチコリを入れて中火
⑥ 蓋をしてこんがり焼く。
⑦ 牛肉を食べやすく切ってチコリと盛り合わせ、②のソースをたっぷりかける。
⑧ 彩りに菊の花を散らす。

「ビターで呑む」レシピ

鶏レバーペースト~コーヒー豆の苦みを添えて
セロリの葉の苦いコロッケ
牛ミスジのタリアータ~焼きチコリを添えて
小鮎の稲庭ベーゼ

関連レシピ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました