• Home
  • 佐野 達氏 ゼネラルマネージャー兼ジュニアユース総監督就任のお知らせ

Topics

Information
2018.12.10

佐野 達氏 ゼネラルマネージャー兼ジュニアユース総監督就任のお知らせ

この度、元日本代表であり数々のJクラブの監督やコーチ、GM、強化部長を務めた佐野 達セビージャFCサッカーアカデミー福島のゼネラルマネージャー兼ジュニアユース総監督へ2019年1月をもって就任することになりましたのでお知らせ致します。
佐野 達氏が当アカデミーのGM兼ジュニアユース総監督へ就任することで、セビージャFCとの連携を更に強化し、国内外のプロクラブ等への提携や交流、当アカデミー全体の指導者育成、海外コーチ・育成メソッドとのシナジー効果など更なる発展、環境構築を図り、サッカーを通して福島県の活性化に繋げられる様に努めて参ります。

佐野 達氏(サノ トオル)PROFILE
【生年月日】
  • 昭和38年11月15日
【出身地】
  • 静岡県 清水区
【資格】
  • 日本サッカー協会公認 S級ライセンス
【日本代表歴】
  • 1980~1982 日本代表(U19代表)、日本高校選抜
  • 1984~1986 日本ユニバーシアード代表(神戸・ザグレブ)、日本学生選抜
  • 1987~1990 日本代表(W杯アジア予選、アジア大会)
【選手歴】
  • 1979~1981 静岡県清水市立商業高等学校
  • 1982~1985 法政大学
  • 1986~1992 横浜マリノス(日産F.C・日産自動車)
              JFL優勝2回、天皇杯 優勝3回、JSLカップ 優勝3回
【指導・強化歴(監督・コーチ・GM・強化部長)】
  • 1993~1995 横浜マリノス強化部 強化担当
  • 1996~1997 横浜マリノスユース コーチ
  • 1997~1998 横浜フリューゲルス ヘッドコーチ (天皇杯 優勝)
  • 1999~2003 京都パープルサンガ ヘッドコーチ・監督代行 (天皇杯 優勝)
  • 2005~2006 ザスパ草津チャレンジャーズチーム 監督
  • 2007~2008 ザスパ草津 コーチ
  • 2009~2010 ザスパ草津 監督
  • 2010~2012 V・ファーレン長崎 監督兼強化部長
    (JFL優勝、J2昇格、JFL最優秀監督賞受賞)
  • 2013~2015 サウルコス福井 GM兼監督(北信越優勝3回)
  • 2016~2017 ヴェルスパ大分 監督
  •    2018   ギラヴァンツ北九州 強化育成本部長
【その他】
  • サッカー解説者(スカパー・NHKBS・TVK)
  • FBCテレビ 情報番組 コメンテーター
佐野 達氏からのMESSAGE

この度、セビージャFC福島にお世話になることになりました 佐野 達です。
今年11月、私は来季どこで何をするのか? Jリーグ・JFL・地域リーグ・大学・海外含めていろいろ詮索していました。有難いことにいくつかお話をいただいて、それらの情報収集を進めていました。
私が今、日本サッカー界にできることは何だろうか?何をしなければならないのか?
自分らしく生きるためにどのように選択すべきか?いろいろ悩んで熟考を重ねていました。

そんな折、共通の知人の紹介で、セビージャFC福島の皆様と出会うことができました。
そこでいろいろとお話を伺っている内に、私が今、何をするべきかとういう迷いがすべて払拭するようになったのです。
セビージャFC福島の皆様のサッカーに対する情熱・福島の子供たちへの想い・グローバルな視野・創造力・独創性に圧倒されると同時に大変感銘を受けました。
その時、自分が今、やらなければならない事、日本サッカー界での使命を悟ることができました。

私は静岡県の清水で生まれ育ち、小学校4年からサッカーを始めました。清水とういう町は、当時全国屈指の≪サッカーの町≫として認知されていて、すべての環境が整備されていました。 そんな環境の中で小学生では全国優勝し、ドイツ・イングランドに遠征し、中学ではブラジルに遠征し15万人の大観衆の中で試合もしました。このような経験をして、私にはサッカーへの思い描いていける、輝ける未来を見つけることができました。絶対に揺るがない大きな夢 ≪日本代表選手≫になるという夢を見つけたのです。そしてそれを実現しました。

夢の実現までには幾多の紆余曲折はありましたが、日本代表に選出され、世界を相手に戦えたことは私の一生の財産です。現役引退後もJリーグ監督・コーチやGM・強化部長などサッカーに携わっていられるのは本当に幸せなことです。このような経験ができたのは、すべて、あの少年期に清水の指導者の方々や関係者の皆さんが、未来への道へ導いてくれたおかげなのです。大人が私の夢への道を、進むべき未来を開いてくれたのです。

自分が今、やらなければならない事、日本サッカー界での使命をセビージャFC福島の皆様とお会いして改めて認識させていただきました。
セビージャFC福島の皆様が描かれている、福島の子供たちが未来への道を創っていけるよう、少しでもお力になれればと思い、私の今までの経験のすべて捧げる覚悟でセビージャFC福島にお世話になることを決意しました。

現在、日本のサッカー界は日本代表のW杯での活躍もあり大変盛り上がっていますが、日本代表チームだけを強化すれば良いのではなく、今こそ育成にコミットすることが最も重要であると確信しています。育成・普及の進展なくして日本サッカーの未来はありません。

セビージャFC福島の子供たちに、セビージャの哲学を継承していく中で、セビージャ・メゾットの共有、セビージャとの包括的・戦略的な関わりなどの提携を強化し、世界のトッププレイヤーとして戦っているセルヒオ・ラモスやホセ・アントニオ・レジェスなどのトッププレイヤーをセビージャFCアカデミーから輩出しているという実績があるセビージャFCの世界屈指の育成システムを福島県に取り込み、グローバルな人材育成、人間形成などのサポートができればと思います。
福島の子供たちの創造性を育み、夢に向かって飛び立ち未来の扉を開いていけるよう全力を尽くします。

Recent Entry