rel 【ラヴィット】一番おもしろい「テーブルゲーム」ランキング

【ラヴィット】一番おもしろい「テーブルゲーム」ランキング

2021年4月29日(木)TBS系「ラヴィット!

家族で遊べる一番おもしろい「テーブルゲーム」という
今までにないランキングが発表されました。

このゲームで「GWは家に籠れ」ってことですね(笑)

早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

専門家のランキング

10位:リフトイット

2012年フィンランド発。
フックのついたレーンを頭に装着し、カードに出た通りにブロックを積み上げる。
「頭でやることの難しさ」
「見ていても楽しい!」
意外にもアクション型。

9位:イチゴリラ

2009年発売。
「神経衰弱の進化版」
1枚1組~5枚1組までをめくる。
記憶力を養える知育ゲーム。

8位:ウボンゴ

ウボンゴ=脳(スワヒリ語)
2003年ドイツ発。
サイコロの目で出たピースで、マスを埋める。

7位:ねことねずみの大レース

2002年ドイツ発。
年間ゲーム大賞受賞。
基本はすごろく。
4つのネズミの動かし方がポイント。
チーズをGETしたり、猫に追い付かれたり!

6位:はぁって言うゲーム

2018年日本発。
8つのシチュエーションの演技を当てるゲーム。

5位:ナンジャモンジャ

2011年ロシア発。
12種類のキャラに名前をつけて記憶。

ガキ使で見ました!
ネーミングセンスも問われますね(笑)

4位:ドクターエウレカ

2015年フランス発。
3本の試験管に入った玉を、引いたカードの配置に入れ替える。

3位:くるりんパニック

1994年日本発。
リメイクのたびに完売!
電動で回る飛行機のコースを変えて手持ちのコインを守る!
「意外に奥深い」

2位:おばけキャッチ

2010年ドイツ発。
かるた風。
めくったカードのイラストを見て正しいコマを取るゲーム。
イラストがコマと一致しない場合がポイント!
判断力と反射神経が必要。
「名作中の名作!」

1位:キャプテン・リノ巨大版

2011年ドイツ発。
カードを積み上げてタワーを作っていくバランスゲーム。
おじゃま的リノ人形の攻略がポイント。
脚立が必要(笑)

おすすめ記事

選びし専門家のみなさま!

丸田康司さん:すごろくや店主
ニコさん:テーブルゲームブロガー
あだちちひろさん:テーブルゲームイベント会社社長

おしまいに

どうぞお買い物の参考になさってくださいね。
ご覧くださりありがとうございました。
楽しいGWをお過ごしください!

タイトルとURLをコピーしました