【あさイチまとめ】こもり・滑舌「声のお悩み」劇的改善エクササイズ!緊張ほぐし

スポンサーリンク

2021年12月7日(火)NHK「あさイチ

・ 滑舌が悪い
・ 声が通らない
・ 緊張してうまく話せない
などなど

声のお悩みを改善する技
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

聞き取りやすい声

母音法

聞き取りやすさは母音「あいうえお」がカギ。
① 足を肩幅に広げ上半身はリラックス。丹田に重心を感じるように立つ。
(背中を押されたとき、バランスを取ろうと力が入るお腹の下の部分が丹田らしい)
② 腹式呼吸。
③ あくびののど。喉をあける。

を意識して発声。

「あああ、あああう、あいいい」
→ 博多華丸大吉

緊張のほぐし方

・ 鎖骨の下をマッサージ。
・ 首の後ろをほぐす。
・ カラダを温める。
・ 自分より緊張してる人を見る。
・ 手のひらを地面に向けて肩を落とすようにする(ひげダンス風)
→ 肩回りがほぐれ緊張が和らぐ。
・ 緊張すると、喉が渇いて声が詰まったりかすれたり。
→ 水を飲む(笑)
・ 受け入れる!

相手に通る響く声

ペットボトル発声法①」

・ ペットボトルの飲み口を軽く噛んで声を出す。
「う~~~」
・ 息が続く限りのばす。
×5セット
(楽に吸って遠くに響かせるイメージ)
→ のどが開く
→ 声、息が出やすい
→ 声が響きやすくなる
◎ ペットボトルが振動したら声が響いている。
→ 柔らかいペットボトルが感じやすい。
※ ペットボトルで顔が痛い場合は割り箸を奥歯で噛んでも。

滑舌をよくする

ペットボトル発声法②」
舌は鍛えるもの!

・ ペットボトルを浅く噛む。
→ ラ行を発声。
→ 舌先の訓練に。

ラバかロバか ロバかラバか
わからないので
ラバとロバをくらべたら
ロバかラバか
わからなくなった

抑揚のある声

・ 伝わる声に!
→ 表情が動けばいい。
→「変顔」で表情筋を鍛える。

① 顔のすべてのパーツを開放、散らばらせる(笑)
② 集約
③ えがお
×3セット

① 息を吸いながらビックリ顔、ベロを出す。
×3セット

① ペットボトルをくわえて表情を変える。

おすすめ記事

おしまいに

「世界に一つのオーダーメイドの声、自信をもって!」

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も有意義な一日でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました