【あてなよる】グリルでふんわり和風ドリア「麦とろ飯」大原千鶴|芋で呑む

スポンサーリンク

平井理央さんと松尾諭さんをゲストにお迎えして
極上の料理と酒のマリアージュでおもてなし!

今回は「いも」の宴です。

酔っていても作れるほど簡単なのに絶品な「あて」
大原千鶴さんの小粋なレシピです。
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「麦とろ飯」

イタリア産赤ワイン バルベーラ種

材料(2人分)

麦めし:適量
 米:1合
 押し麦:大さじ1
山の芋(つくねいも):1/4個
かますの干物:1尾
卵黄:2個
@だし:50~80㎖
@薄口醤油:小さじ1~2
九条ねぎ:少々

作り方

① 下ごしらえ
・ 麦めしを炊く。(1合)、押し麦(大さじ1)、(目盛り+大さじ1)で通常炊飯。
・ 山の芋はすりおろす。
・ かますは焼いて身をほぐす。
・ 九条ねぎは小口切り。
② 山の芋のすりおろしに@を入れて混ぜる。
③ 耐熱皿に温かい麦めしを入れてかますをのせる。
④ 山の芋をかけ真ん中に卵黄を落とす。
⑤ グリルで2~3分焼いて九条ねぎをのせる。

山の芋↓

かますの干物↓

「芋で呑む」レシピ

干し芋の生ハム巻き
男爵イモのガレット
里芋まんじゅう
和風ドリア「麦とろ飯

おしまいに

芋で呑むより、芋を呑むがマイスタイル。

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました