rel 【あてなよる】「里芋まんじゅう」大原千鶴|芋で呑む

【あてなよる】「里芋まんじゅう」大原千鶴|芋で呑む

平井理央さんと松尾諭さんをゲストにお迎えして
極上の料理と酒のマリアージュでおもてなし!

今回は「いも」の宴です。

酔っていても作れるほど簡単なのに絶品な「あて」
大原千鶴さんの素敵なレシピです。
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「里芋まんじゅう」

新潟産純米吟醸酒を常温で。

材料(4個分)

里芋:5個(300g)
塩:少々
鶏ももひき肉:50g
サラダ油:適量
@みりん:小さじ1
@薄口醤油:小さじ1
@しょうが:小さじ1/2
☆だし:200㎖
☆片栗粉:大さじ1
☆薄口醤油:小さじ2
おろしわさび:少々
九条ねぎ:少々

作り方

① 下ごしらえ
・ 九条ねぎは小口切り。
・ しょうがはみじん切り。
② 鍋に皮付きのまま里芋を入れ、かぶるくらいので茹でる。
※ 竹串がスッと通るまで。
③ 粗熱がとれたら皮をむきボウルに入れて潰す。
④ を加えて混ぜる。
⑤ 小さなフライパンに鶏肉、@のりん、薄口醤油、しょうがを入れて練る。
⑥ 中火にかけ火を通す(そぼろ)
⑦ ラップに里芋を1/4量のばし、そぼろの1/4量をのせて巾着のように包む。
⑧ ラップをほどいて片栗粉(適量)を薄くまぶしつける。
※ 同様に4個作る。
⑨ 170℃のサラダ油でうっすらキツネ色になるまで揚げる。
⑩ 小鍋に☆のだし片栗粉薄口醤油を入れて混ぜ中火にかける。
⑪ ヘラで混ぜながらトロミをつける。
⑫ 器に盛り付けたまんじゅうをかけ、おろしわさび九条ねぎををせる。

一瞬、姿が見えましたね。

「芋で呑む」レシピ

干し芋の生ハム巻き
男爵イモのガレット
里芋まんじゅう
和風ドリア「麦とろ飯

こちらは牛肉を使ったバージョンです↓

大原千鶴 監修おせち
大丸梅田店人気№1はさすが!

ポテトサラダ専門店

「かぶと鶏肉のゴルゴンゾーラポテトクリーム」

上野友和さん。

ワインに合うポテトサラダは「きたあかり」でクリーミーに。

マヨ、クリチ、玉ねぎ、黒コショウ
炒めたベーコン、クレソン
粒マスタード、醤油
半熟卵を添えてポテサラをリメイク。

チリ産赤ワイン(カベルネソーヴィニヨン種)のアテに。

Potato Cream (自由が丘/デリカテッセン)
★★★☆☆3.55 ■日本初の新感覚ポテトサラダ『ポテトクリーム』専門店!!!@自由が丘正面口徒歩3分★ ■予算(昼):~¥999

おしまいに

芋で呑むより、芋を呑むがマイスタイル。

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました