rel 【暮らしのレシピ】JO1與那城奨「ゴーヤーチャンプルー」作り方

【暮らしのレシピ】JO1與那城奨「ゴーヤーチャンプルー」作り方

ご存じJO1のリーダーで沖縄出身の與那城 奨さん。
なんと料理上手なんですね。

彼がよく作る沖縄料理が「ゴーヤーチャンプルー」なのだとか。

沖縄の材料を使って沖縄料理を作ることで
パワーがチャージされるとおっしゃってましたよ。

イケメンが調理する姿っていいなー
としみじみ思う瞬間でした。

では早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

與那城流「ゴーヤーチャンプルー」

材料(2人分)

ゴーヤー:1本
スパム:1缶
卵:1個
島豆腐:1丁
人参:1/2本
沖縄そばだし:適量

作り方

① ゴーヤーはヘタを落として縦半分に切り、種とワタを取り除く。
② 苦みを生かすため厚めに切る。
③ スパムは1㎝角の拍子木切り。人参はせん切り。
④ ゴーヤーをフライパンで炒め、スパムを加えてさらに炒める。
⑤ スパムに焦げ目がついたら島豆腐をちぎり入れ、人参も加える。

POINT

シャキシャキ感を残すために炒めすぎないのがポイント。

⑥ 塩・コショウして沖縄そばだしで濃い目に味をつける。
⑦ 溶き卵を加えてサッと混ぜたら出来上がり。

やっと見つけた!
これが與那城家の味だそうです!
欲しー。

一般的には
薄切りにして塩や砂糖で揉んで
ゴーヤーの苦みを取り除きたいのだけれど
今回は特殊な苦み全開バージョン(笑)

でも油で苦みが和らぐので
炒め物にはやや厚めに切るってのは
理にかなっているような気がしないでもないな。

木綿豆腐を「島豆腐」に!

「島豆腐が手に入らない」
そんな時は

木綿豆腐に粗塩小さじ1をまぶして
ペーパータオルに包み
ザルにおいて冷蔵庫へIN。
ペーパーを取り換えながら1~2日おくと
水が抜けて島豆腐っぽくなりますよ。

お試しあれ!

おしまいに

與那城 奨さんの爪が
料理をする人のそれだったように見えました。

そして
最後は絶対うまくいくという意味での「なんくるないさ」が
心に響きました。

あぁ、沖縄行きたいなー。

どうぞ参考になさってくださいね。
最後までご覧くださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました