【あさイチ】ホットプレートで「極上すき焼き」作り方|荻野聡士

スポンサーリンク

2021年12月14日(火)NHK「あさイチ
荻野聡士さんのホットプレートレシピ
早速ご紹介します!

荻野聡士 すき焼き ホットプレート

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「すき焼き」

具材はお好みで!
キノコ類を加えるとうまみマシマシ。

やたら長いですが(笑)
要約すると
① ねぎと玉ねぎを香ばしくしっかり焼き付け
② 肉は片面だけ焼いていったん取り出し
③ 好きな具材を並べ、割り下を注いで蒸し煮
④ 肉をしゃぶしゃぶしていただく
ってな感じになります。

材料(2人分)

牛薄切りすき焼き用:200g
玉ねぎ:1/2個
ねぎ:1/2本
白菜:200g
生椎茸:2枚
えのきだけ:100g
春菊:1/2把
しらたき:1袋(180g)アク抜き済みのものが◎
焼き豆腐:1/3丁(100g)
乾燥焼き麩:8個
牛脂:適量
卵:適量
冷凍うどん:1玉
【割り下】
みりん:400㎖
酒:130㎖
醤油:200㎖

作り方

① 割り下を作る。
・ 鍋にみりんを入れて強火
・ 沸騰してから2分30秒~3分煮てアルコール分を飛ばす。
・ 火を止め醤油を加える。
② 下ごしらえ
・ ホットプレートは高温(250℃)に温める。
・ 玉ねぎは1.5㎝の輪切り。
・ ねぎは食べやすい大きさに斜め切り。
・ 白菜は軸は3㎝、葉は7㎝に切る。
・ 生椎茸は食べやすい大きさ。
・ えのきだけは石づきを除き長さ半分、軸は小房に分ける。 
・ 春菊は長さ5㎝。
・ しらたきは水洗いして長さ半分。
・ 焼き豆腐は厚さ2㎝の食べやすい大きさに切る。
・ 焼き麩は水で戻して軽く水けをきる。
② ホットプレートを濡れ布巾で拭き牛脂をまんべんなく塗る。
③ 玉ねぎねぎを焼く。
④ 牛肉を広げ、周りが白っぽくなるまで片面だけ焼きつけて取り出す←ポイント①
⑤ 玉ねぎねぎの香りが立ち軽い焼き目がついたら返す。
※ しっかり焼き付けて香りを出す←ポイント② 
⑥ 椎茸えのきだけ白菜の軸焼き豆腐を重ならないように並べ、白菜の葉をのせる。
⑦ 割り下をヒタヒタになるまで注ぎ、端にしらたきを入れる。
⑧ 蓋をして全体が沸くまで3分30秒煮る。
⑨ 蓋を取り、230℃に下げて具の上下を返し、再び蓋をして1分煮る。
⑩ 蓋を取り、焼き麩春菊を加える。
⑪ スペースを空け、を食べる分ごと割り下にサッとくぐらせて温める。
※ しゃぶしゃぶ仕上げでいただく←ポイント③
⑬ 好みの煮え加減になったら順に溶き卵につけていただく。

おすすめの食べ方
【一皿目】牛肉、白菜の葉、キノコ、ねぎ、春菊
【二皿目】牛肉、白菜の軸、玉ねぎ、焼き豆腐、焼き麩
一番のおススメは、好きな時に好きなものと信じるタイプ

しめのうどん
① 冷凍うどんを解凍し、あれば水けをきる。
② ホットプレートに入れ1分30秒~2分煮て割り下を絡める。

荻野聡士 すき焼き ホットプレート

今回紹介された「ホットプレート」レシピ

秋元さくらさん「サバのパエリア
山野辺仁さん「あんかけ焼きそば
荻野聡士さん「極上すき焼き

おすすめレシピ

荻野聡士さん情報

ご存じ片岡鶴太郎氏の三男。
「赤坂おぎ乃」は☆

赤坂おぎ乃 (赤坂/懐石・会席料理)
★★★☆☆3.94 ■予算(夜):¥20,000~¥29,999

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

荻野聡士 すき焼き ホットプレート

タイトルとURLをコピーしました