【きょうの料理】木村多江「酸辣湯(サンラータン)」酸っぱ辛い夏ごはん

スポンサーリンク

2022年7月15日(金)NHK「きょうの料理

木村多江さんの
野菜もタンパク質もとれて代謝も上がる具沢山の汁物は
手抜きでも美味しい一品なのだそうです。

芋がら(!?)となめこ入りの木村家・定番レシピ
「酸辣湯(サンラータン)」
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「酸辣湯(サンラータン)」

芋がらとは
里芋の葉柄(ようへい)を乾燥させたもの。
栄養豊富で保存がきき、煮物やみそ汁などに使う。
食感を楽しむらしいです。

材料(2~3人分)

豚ロース薄切り:40g
乾燥芋がら:3g(きくらげでも◎)
茹でタケノコ:40g
ねぎ:10㎝(30g)
絹豆腐:1/3丁(100g)
なめこ:50g
卵:1個
中華風顆粒チキンスープの素:小さじ2/3
水溶き片栗粉
 片栗粉:小さじ1/2
 水:小さじ1
ラー油:適量
@醤油:小さじ1
@塩:小さじ1/3
@コショウ:少々
酢:大さじ1

作り方

① 下ごしらえ
・ 芋がらは洗って熱湯に10分浸けて戻す。
※ 浮いてくるなら落し蓋を。
・ ザルに上げ、揉み洗いをして水けをきる。3㎝長さの細切りに。
・ タケノコは4㎝長さの細切り。
・ ねぎは縦半分に切って斜め薄切り。
・ 豆腐は1㎝幅の拍子木形。
・ なめこは洗って水けをきる。
・ 豚肉は細切り。
② 鍋に(3カップ)、スープの素を入れて強火で煮立たせる。
③ 豚肉をほぐしながら加える。
④ 切った材料を加え煮立ったら中火で2~3分煮る。
⑤ で味を調える。
⑥ 水溶き片栗粉を混ぜて加えトロミをつける。
⑦ 溶き卵をほぐして回し入れ、柔らかく固まったら火を止めて(大さじ1)を加える。
⑧ 器に盛りラー油をかける。

1人分

100kcal 塩分1.4g

おすすめレシピ

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました