rel 【きょうの料理】陳建太郎「ぶりステーキの金沙粉がけ」作り方|ブリが大変身

【きょうの料理】陳建太郎「ぶりステーキの金沙粉がけ」作り方|ブリが大変身

おかず青年隊の登場です。
今回のテーマは「冬の切り身」
2日目は「ブリが大変身」です。

「きんさこ」
耳慣れない言葉ですが
広東料理のテクニックだそうですよ。

陳建太郎さんの華やかなメニュー
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ぶりステーキの金沙粉がけ」

材料(2人分)

ぶり切り身:2切れ(200g)
酒:大さじ1
醤油:大さじ1
しょうが汁:小さじ1

作り方

① ぶりは3等分。
② 調味料を揉み込み10分おく。
③ フライパンに揚げ油を1㎝深さまで入れる。
④ ぶりの汁けを切り片栗粉を薄くまぶす。
⑥ 霧吹きなどで水少々を両面にふる。

POINT

水少々を振ると片栗粉がぶりになじみやすい。

⑦ 170℃でこんがりと揚げ焼きする。
⑧ フライパンに、ぶりと金沙粉の半量を中火にかけて絡め香りを出す。
⑨ ぶりを盛り付けて金沙粉を振りかけまくる。

「金沙粉」

材料

パン粉:50g
①塩:小さじ1/3
②砂糖:小さじ1/3
③顆粒チキンスープの素:小さじ1/3
バター:20g
緑・赤ピーマン:各10g
フライドガーリック:10g(業スーなどで入手)

作り方

① フライパンにパン粉を入れる。
② 焦がさないよう強めの中火で1~2分炒る。
③ 黄金色になったら①②③を順に入れその都度混ぜる。
④ いったん取り出す。
⑤ 同じフライパンでバターを弱火で溶かす。
⑥ ピーマンを中火で炒める。
⑦ 細かく刻んだフライドガーリックを加えてさらに炒める。
⑧ 全体がなじんだら④を戻し入れ炒め合わせる。 

「金沙粉アレンジ」

粉チーズや唐辛子を加えても美味しい。
刺身にのせてもいい。
何にかけてもウマい!
冷蔵庫で3~4日保存可能。

今回紹介された「ブリ」レシピ集

おしまいに

はいはい、アレのことか!
金沙粉っていうんだ!

ぜひ参考になさってくださいね。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました