rel 【あてなよる】「みぞれ鍋」大原千鶴|大根で呑む

【あてなよる】「みぞれ鍋」大原千鶴|大根で呑む

酔っていても作れるほど簡単なのに絶品な「あて」

大原千鶴さんのレシピ
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「みぞれ鍋」

一汐:ひとしお
甘鯛:ぐじ

シャンパーニュ産シャルドネ100%。
最高級の泡で。

材料(6~8杯分)

一汐甘鯛:1/2尾
昆布だし800㎖(800㎖の水に10㎝角の昆布を3時間以上浸けたもの)
青首大根:400g
@薄口醤油:大さじ1
@塩:小さじ1/2
片栗粉:大さじ3
水:大さじ3
生湯葉:50g
青ねぎ:小口切り適量
柚子の皮:適量

作り方

① 甘鯛は魚焼きグリルでこんがり焼く。
② 身と骨に分ける。
③ アラ昆布だしと共に鍋に入れ火にかけ、ひと煮立ち。
③ いったんザルで濾す。
④ 大根は皮をむいてすりおろし、ザルにあげて自然に水けを切る。
⑤ 鍋に濾しただしを入れて沸かす。
⑥ @で味を調え甘鯛の身を加える。
※ 盛り付け用に身を少しとり置く。
⑦ 再沸騰したら水溶き片栗粉でトロミをつける。
⑧ 大根おろしを入れて全体を混ぜる。
⑨ 食べやすく切った湯葉青ねぎ甘鯛の身をのせて柚子の皮を散らす。

大根の皮の「漬物」

① 大根の皮(50g)を3㎝角に切って清潔な保存容器に入れる。
② 米酢(大さじ1/2)と濃口醤油(大さじ1/2)を加えて冷蔵庫で1時間以上おく。
③ 輪切り唐辛子を加えても。

「あてなよる」レシピ集

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
ご覧くださりありがとうございました。
今日も楽しい食卓でありますように!

タイトルとURLをコピーしました