【あさイチまとめ】いつ食べる?「ヨーグルト特集」絶品ソース&万能だし

スポンサーリンク

2022年9月20日(火)NHK「あさイチ
おいしくて健康的なヨーグルト。
いつどうやって食べるのがいいのか?
また
ヨーグルトを使った万能だしなど
ちょっと怖そうなレシピが登場したので
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

乳酸菌のヒミツ

・ 機能性ヨーグルトの効果?
→ 科学的な根拠はある。
→ 腸内細菌の持ちようにより人によって効果は違う。
→ お通じの様子を見て相性をうかがうのが◎
→ 3週間くらい続けて判断…

・ たくさん食べると効果はUP?
→ 摂り過ぎはよくない笑。
→ 100g/日くらいで。

・ 毎日食べ続けないと効果は減る?
→ 乳酸菌は通過菌なんそれ
→ 定期的・継続的に摂取するのが◎

・ いつ?どうやって食べる?
→ 胃酸に弱いので食後に!
→ 体温くらいにちょっと温めるとより効果的。
→ 100gなら600Wで40秒レンチン(ラップ不要、吹きこぼれ注意)
→ 60℃を超えないのが◎、菌の生死ライン。

・ 夜のヨーグルト。
→ 栄養の吸収、老廃物の排出が活発に。

・ 機能性ヨーグルトは種菌にしても良い?
→ 菌が変化する可能性も。

・ 不足しがちなカルシウムを効果的に…
→ 下記レシピ参照。

牧野直子さん

5分で「ミニトマトとヨーグルトのパスタ」

片岡護さん

材料(1人分)

オリーブ油:大さじ2
ミニトマト:15個
生バジルの葉:3枚
にんにく:1片
塩・コショウ:各適量
無糖プレーンヨーグルト:50g
スパゲッティ:80g

作り方

① 下ごしらえ
・ ミニトマトは縦半分。
・ にんにくはみじん切り。
② フライパンにオリーブ油にんにくを入れて弱火1~2分
③ キツネ色になったらミニトマトを加えて塩・コショウ
④ バジルを加えて強火4分茹で汁(少量)を加えてさらに4分
⑤ 茹で上がったパスタを加えて火を消す
※ あの手つきは乳化させとるな
⑤ ヨーグルトを加えてゆっくりかき混ぜる。

味噌なしの「みそ汁風さっぱり汁」

野永喜三夫さん
華大「普通に受け入れられる!」

ヨーグルト万能だし
・ 醤油のかわりに刺身に。
・ 肉のソースに。
・ 炊き込みごはんに。

材料(2人分)

水:2.5カップ
玉ねぎ:1/2個
じゃがいも:1個
@無糖プレーンヨーグルト:100g
@和風顆粒だしの素:4g
@塩:4g

作り方

① 下ごしらえ
・ 具材を食べやすい大きさにカット。
・ を混ぜる(ヨーグルト万能だし
② 鍋で具材を茹でる。
③ 万能だしを加えてひと煮立ち。

乾物×ヨーグルト

サカイ優佳子さん
乾物の栄養素を閉じ込める!

ヨーグルト煮干しの「フリット」

ヨーグルトで戻すと煮干しの苦みが和らぐ。

材料(2人分)

煮干し:20g
無糖プレーンヨーグルト:100g
小麦粉:大さじ2
青のり:適量

作り方

① ヨーグルトをよくかき混ぜる!
② ヨーグルト煮干しと合わせる。
③ 冷蔵庫で7~8時間寝かせる。
④ 戻した煮干し小麦粉青のりを混ぜる。
⑤ 180℃の油で5分揚げる。

「乾物そぼろ丼」

材料(2人分)

豚ひき肉:150g
@干し椎茸:5g
@切干大根:10g
@大豆:10g
@乾燥人参:5g
無糖プレーンヨーグルト:100g
オイスターソース:大さじ2
ごはん:2杯分(300g)
万能ねぎ:適量

作り方

① ヨーグルトをよくかき混ぜる!
② 乾物ヨーグルトで戻す。
③ フライパンにを引き、ひき肉と戻した乾物を炒める。
④ オイスターソースで味付け。相性◎
⑤ ごはんにのせる。
⑥ 万能ねぎを散らす。

時短「水切りヨーグルト」

時短時短時短(笑)

① ペーパータオルを敷いたザルにヨーグルトを移す。
※ ボウルで受けましょう。
② 表面に密着するようにラップ。
③ ポリ袋に水を入れて口を縛る。
④ ヨーグルトの上にのせる…
※ 4時間で水切り完了笑。

カプレーゼにしたり
フルーツサンドの生クリームと置き換えたり。

「フローズンヨーグルト」

材料(2人分)

水切りヨーグルト(200g)
はちみつ:20g
バナナ:1本

作り方

① 材料を密閉袋に入れてモミモミ。
② 冷凍庫へ2~3時間

ホエーの利用法

・ レモネード
・ 肉の下ごしらえ
・ 漬物

「ホエーの漬物」

材料(1人分)

キュウリ:1本
@ホエー:180㎖
@レモン汁:大さじ1
@塩:小さじ1
@砂糖:大さじ1

作り方

① キュウリは斜め切り。
② 保存袋にキュウリを揉み込む。
③ 冷蔵庫で30分以上漬け込む。

おすすめレシピ

おしまいに

ためスノ終了後
加筆訂正いたします(笑)
フラゲできるかな

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました