rel 【きょうの料理】オール1の秘伝ダレで「鶏の照り焼き」佐々木浩のまかない定食

【きょうの料理】オール1の秘伝ダレで「鶏の照り焼き」佐々木浩のまかない定食

ミシュランシェフの佐々木浩さんが
コスパが良くて手早く出来る
とっておきの「まかない」を教えてくださいました。

料理店ならではの「秘伝だれ」を使った「鶏の照り焼き」です。
ボリューム満点のレシピ
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オール1の「秘伝だれ」

ぶりの照り焼きやステーキにも使えるそうです。

材料

1:1:1:1

みりん:1/2カップ
酒:1/2カップ
醤油:1/2カップ
砂糖:1/2カップ(60g)

作り方

① 鍋でみりんを煮きる。
※ アルコールを飛ばす。
② 醤油砂糖を加える。
③ 砂糖が溶けたら火を止める
④ 粗熱が取れたら清潔な保存容器に入れる。
※ 冷蔵庫で3か月保存。

「鶏の照り焼き+小松菜と卵の炒め」

彩りも美しい!

材料(2人分)

鶏もも肉:1枚(250g)
小松菜:1/2把(100g)
卵:2個
秘伝だれ:1/2カップ

作り方

① 下ごしらえ
・ 小松菜は、葉を食べやすく切り、軸を5㎝長さに切る。
・ は溶きほぐす。
・ 鶏肉は一口大に切って小麦粉(適量)をまぶす。
② フライパンにサラダ油(適量)を中火で熱する。
③ 鶏肉を皮を下にして並べ、両面に焼き色がつくまで焼く。
④ ほぼ火が通ったら秘伝だれを加えて煮詰め、テリが出たら取り出す。
⑤ フライパンをサッと洗いサラダ油(適量)を中火で熱する。
⑥ 小松菜を入れて塩・コショウ(各少々)をふりサッと炒める。
※ 炒めすぎない。葉がしっとりするくらいが目安。 
⑦ 溶き卵を流し入れサッと混ぜたら火を止める
※ 余熱で半熟状に。
⑧ ⑦を器に盛りをのせる。

佐々木浩のまかない定食

鶏の照り焼き
レタスごはん・余り食材のうまみスープ

おすすめ「てり」レシピ

佐々木浩さん情報

祇園さゝ木☆☆☆

祇園 さゝ木 (祇園四条/割烹・小料理)
★★★★☆4.03 ■素材の味を引き立てる“引き算の美学”が冴え渡る。自由な発想で仕立てる、温故知新の京の味。 ■予算(夜):¥30,000~¥39,999

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました