【きょうの料理】岡田吉之「アップサイドダウンケーキ」作り方

スポンサーリンク

2022年11月11日(金)NHK「きょうの料理
脳出血で倒れ、右半身にまひの残る岡田吉之さんが
左手だけで作れるお菓子を教えてくださいます。

材料や工程がシンプルなレシピ
早速ご紹介します!

>>関連タグ→ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アップサイドダウンケーキ」

材料

直径20×高さ6㎝の耐熱ガラスの型1台分

パイナップル缶:輪切り3枚
さくらんぼ缶:適量
【型用】
無塩バター:8g
@グラニュー糖:50g
@粗糖:50g(きび糖、三温糖など)
【生地】
卵:2個
ⓑグラニュー糖:85g
ⓑ粗糖:40g
パイナップルの缶汁:10g
バニラエッセンス:適量
薄力粉:100g
無塩バター:50g

全量

1570kcal 塩分0.4g

作り方

① 下ごしらえ
・ 型用のバターは室温に戻す。
・ は混ぜ合わせる。
・ オーブンは180℃に温める。
・ パイナップルは汁けを切って4等分(缶汁も使用)
・ さくらんぼは軸を取る(実がつぶれるので種は取らない)
② 型にフルーツを並べる
・ バターは刷毛で練って柔らかくし、やや厚めに型に塗る。
・ を入れて型の内側に均一にまぶし、余分な砂糖は取り除く。
※ 余った砂糖はジャムなどに使うがよかろう。
・ 型にパイナップルさくらんぼをバランスよく並べる。
③ 生地をつくる
・ ボウルにを割り入れて泡立て器でほぐし、湯煎にかける。
・ 40℃(人肌くらい)になったらグラニュー糖パイナップルの缶汁を加えてよく混ぜ合わせる。
④ ハンドミキサーなどの高速で5分泡立て、低速にして5分泡立てる。湯煎から外すんだよね?
※ 低速仕上げで生地のキメが整う。
⑤ バニラエッセンスを加え、薄力粉をふるい入れる。
⑥ ゴムべらで粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせる。
※ 泡を潰さないようにふんわりと。
⑦ 別のボウルにバターを入れて湯煎で溶かし、生地の1/5量を加え混ぜてから⓺のボウルに戻し入れ、しっかり混ぜる。
⑧ 型に入れて焼く
・ 型の端から生地を流し入れ、型を台に軽く叩きつける。
※ フルーツと生地の間に隙間をつくらないように。
・ 180℃のオーブンに入れ、35~40分焼く。
・ 中央に竹串を刺して抜き、生地がつかなければOK。
⑨ オーブンから取り出して型を台に軽くたたきつけ、そのまま10分おく。
⑩ ケーキにオーブンペーパーをかぶせて網にのせ、上下を返す。とぅるんと落ちてく
※ 1日おいたほうが生地がしまって美味!

関連レシピ

今回紹介されたレシピ

アップサイドダウンケーキ
パンプリン
かあちゃんのラーメン

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

三越伊勢丹オンラインストア

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました