rel 【あてなよる】腸簡単「台湾風ソーセージ」大原千鶴|ソーセージで呑む

【あてなよる】腸簡単「台湾風ソーセージ」大原千鶴|ソーセージで呑む

酔っていても作れるほど簡単なのに絶品な「あて」

大原千鶴さんのレシピ
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「台湾ソーセージ」

材料

豚バラ塊:300g
@おろしにんにく:少々
@五香粉:1g
@砂糖:10g
@塩:3g
@ウォッカ:大さじ1/2
羊腸:1m

作り方

① 羊腸は塩抜き。漏斗の口にセット。
② 豚バラ肉は3㎜角の粗みじん。
③ と@をザックリ混ぜる。
④ 漏斗にを入れ腸に詰める。
⑤ 2~3㎝おきに針でつついて空気穴をあけ、互い違いにひねる。
※ 破れても糸で括ればOK!それも味!
⑥ 網にのせて時々上下返しながら冷蔵庫で3~5日干す。
⑦ 蒸し器で中火7分蒸す。
⑧ 食べる直前にオーブントースターで3分焼く。

IPA。ホップ多めの爽やかなキレでいただきます。
コエドの緑瓶でしたね。美味いですよ

羊腸。
手作りソーセージには欠かせません。
ラップで巻いて蒸すという手もあるっちゃあるけど。

口金。
あると便利。
スムーズに入っていきます。

飲んべなら
持って、作ってが正解!

ハーブを変えると
ビールを欲したりワインを欲したり。
これぞ、あてなよる。

「あてなよる」レシピ集

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
ご覧くださりありがとうございました。
今日も楽しい食卓でありますように!

タイトルとURLをコピーしました