【きょうの料理】「ローズマリーのソーセージ」北村光世の手仕事

スポンサーリンク

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。

今回、初心者向きのハーブメニューを教えてくださったのは
ハーブ料理の第一人者・北村光世さん。
御年82歳。

ローズマリーのソーセージ」は
赤身の肉にオリーブ茹で脂質を補い
ハーブを加えた香り高くヘルシーなレシピです。

肉ダネの塩を多めにすれば
・ パスタソースの具材
・ ピザのトッピング
と、応用力も自在だそうです。

香り豊かなハーブ料理で夏の食卓を爽やかに!
早速ご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ローズマリーのソーセージ」

材料

豚ひき肉:赤身200g
@生ローズマリー:小さじ2
@オリーブ油:小さじ1
@塩:小さじ1/4
オリーブ油:少々

作り方

① 下ごしらえ
・ ローズマリーは茎を除いてみじん切り。
・ ボウルにひき肉と@を合わせてよく混ぜる。
・ 常温で10分休ませる。
※ 少量を焼いて味を確かめ、調味料ローズマリーで調整。
② 肉ダネを7~8等分して丸め中央を少し潰す。
※ 形や大きさは好みでOK。
③ フライパンにオリーブ油(少々)を中火で熱する。
④ ソーセージを並べて両面こんがり焼く。
※ 指で押してかたくなっていれば焼き上がり。

今回紹介されたレシピ

ローズマリーのソーセージ
ローズマリーのフォカッチャ
バジルペースト
さばの味噌煮ローリエ風味

おすすめレシピ

手仕事12か月

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は杵島直美さんの「大根の漬物
2月は井澤由美子さんの「きんかん
4月は山脇りこさんの「たけのこ
5月は横山タカ子さんの「実山椒
6月は李映林・コウ静子さんの「
7月は井澤由美子さんの「キュウリのパリパリ漬け

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は飛田和緒さんの「味噌
2月はコウ静子さんの「柚子の保存食
4月は久保加菜子さんの「たけのこ
5月は小平泰子さんの「実山椒
6月は重信初江さんの「
7月は渡辺あきこさんの「新しょうが
8月は北村光代さんの「ハーブ
9月はムラヨシマサユキさんの「果実の保存食
9月は前沢リカさんの「
10月は野本やすゆきさんの「いくら・鮭
11月は有元葉子さんの「干し野菜
12月は荻野恭子さんの「牡蠣

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました