rel 【おかずのクッキング】万能ねぎ味噌で「おでん+しめの雑炊」土井善晴

【おかずのクッキング】万能ねぎ味噌で「おでん+しめの雑炊」土井善晴

2021年2月13日(土)テレビ朝日系で放送された「おかずのクッキング

土井先生のおでんは
好みの具材を串に打つスタイル。

それを昆布だしで温めて
ねぎ味噌でいただくという
酒ありきの?オツなレシピ!

早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「万能ねぎ味噌」

材料

青ねぎ:120g
赤味噌:50g
砂糖:大さじ1

作り方

① 青ねぎを細かく切る。
② 滑らかになるまで10~15分(!)すり鉢で擂る。
③ 味噌と砂糖を加えてさらに擂る。
※ 焼いた肉、コロッケ、雑炊、ふろふき大根、茹でた芋などに合わせても美味。

「ねぎ味噌おでん」

材料

昆布:10㎝角1枚
水:適量
【具材】
鶏もも肉
長ねぎ
大根
焼豆腐
こんにゃく
里芋
ぎんなん
うずらの卵
などなど適量

作り方

※ 下ごしらえ
【こんにゃく】
1㎝厚さの短冊に切り、切り込みを入れてクルリと手綱。
下茹でして串を刺す。
【大根】
2㎝厚さの半月切り。柔らかく下茹でして串刺し。
【里芋】
茹でて皮をむき半分の厚さに切って串刺し。
【ぎんなん】
茹でて薄皮をむき3個串刺し。
【うずらの卵】
4分茹でて皮をむき2個串刺し。
【鶏もも肉と長ねぎ】
一口大に切って串を刺す。ねぎま状態。
【焼豆腐】
適当な大きさに切って串を2本刺す。
① 鍋に昆布を入れて水を注ぎ具材を入れる。
② 中火でゆっくりと温めアクを取る。
③ ひと煮立ちして具材に火が通ったらOK。
④ ねぎ味噌をつけていただく。

「しめの雑炊」

① 鍋の後の出汁に、通常ならザルに入れて洗った冷ごはんを入れる。が土井流は洗わない!

POINT

冷ごはんを洗うと粘り(ヌメリ)が取れてサラッとした雑炊に仕上がり、洗わないとコクが残る。

② 塩を適量。薄口醤油をさしても良い。
③ ごはんは無理にほぐさない。
④ 煮立ったところをめがけて少しずつ溶き卵を入れ火を止める。ふわっふわ!

POINT

一気に入れると鍋の温度が下がり卵が固くなる。

⑤ ねぎ味噌を添えていただく。

おすすめ「おでん」のネタ

おしまいに

土井先生のオツなおでんでした。

きょうの名言は
「こんな雑炊を作りたいと思うことが大事」

どうぞ参考になさってくださいね。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました