rel 【きょうの料理】「レタスごはん・余り食材のうまみスープ」佐々木浩のまかない定食

【きょうの料理】「レタスごはん・余り食材のうまみスープ」佐々木浩のまかない定食

ミシュランシェフの佐々木浩さんが
コスパが良くて手早く出来る
とっておきの「まかない」を教えてくださいました。

包丁要らずの「レタスごはん
店では
余った野菜や煮物を混ぜることもあるそうです。

そして
余った食材で作る絶品スープも!
早速ご紹介します。

レタス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「レタスごはん」

材料(3~4人分)

米:360㎖(2合)
レタス:1/3個(150g)
ツナオイル缶:1缶70g
@だし:310㎖
@薄口醤油:大さじ1+2/3
@酒:大さじ1+2/3

作り方

① 下ごしらえ
・ @を合わせる。
・ は洗い内釜に入れ@を加えて普通に炊飯。
・ レタスは3㎝四方にちぎる。
② ツナの缶汁をフライパンに入れて強めの中火で熱する。
③ ツナを加えて炒める。
④ 温まったらレタスを加え食感が残る程度にサッと炒める。
⑤ (少々)で味を調える。
⑥ ごはんが炊き上がったらすぐにツナレタスを加え3分ほど炊飯器の中で蒸らす。
⑦ 混ぜ合わせて器に盛る。

「余り食材のうまみたっぷりスープ」

鯛のアラがなければ(ないよね)豚肉でもなんでも。
残った野菜も片付けて。

材料(2~3人分)

鯛のアラ:1/2匹分(300g)
玉ねぎ:1/2個(100g)
人参:1/2本(50g)
もやし:1/4袋(50g)
細ねぎ:1/2本
@水:5カップ
@酒:1/2カップ
@昆布:15×7㎝1枚(15g)

作り方

① 下ごしらえ
・ 細ねぎは小口切り。
・ 鯛のアラ(適量)をふって2時間以上おく。
※ 1昼夜置くのが◎→ステーキも同様らしい。
・ 玉ねぎは4等分のくし形。
・ 人参は一口大の乱切り。
② 鍋にアラが浸かる程度の湯を沸かす。
③ アラが白っぽくなるまでサッと湯に通す。
④ 氷水に取りスプーンでウロコや血合い、汚れを丁寧に除く。
⑤ 鍋に玉ねぎ人参アラ、@を入れて強火
⑥ 煮立ったらアクを除き中火30分コトコト煮込む。
⑦ もやしを加え、味を見て薄口醤油(各適量)で調える。
※ まずは醤油もやしを加えたら手早く。
⑧ 椀に盛り細ねぎをのせてコショウ(少々)をふる。

佐々木浩のまかない定食

鶏の照り焼き
レタスごはん・余り食材のうまみスープ

佐々木浩さん情報

祇園さゝ木☆☆☆

祇園 さゝ木 (祇園四条/割烹・小料理)
★★★★☆4.03 ■素材の味を引き立てる“引き算の美学”が冴え渡る。自由な発想で仕立てる、温故知新の京の味。 ■予算(夜):¥30,000~¥39,999

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

レタス

タイトルとURLをコピーしました