【きょうの料理】うまみそ酢で「サバのうまみそ酢煮」村田吉弘

スポンサーリンク

2022年11月25日(金)NHK「きょうの料理

味噌に酢などを加えて使いやすい液状にアレンジした
村田吉弘さんの「うまみそ酢
こっくりした濃厚な味わいの中に酸味があり
サラッとした軽やかな口当たりが◎だそうです。

さまざまな料理で活躍するアレンジレシピと合わせて
早速ご紹介します!

>>関連タグ→村田吉弘

スポンサーリンク
スポンサーリンク

黄金比の「うまみそ酢」

材料(約450㎖)

日本酒:1カップ煮きっても◎
好みの味噌:1/2カップ
砂糖:1/2カップ(味噌の種類によって砂糖の量を調節)
酢:1/2カップ
昆布:10g

全量

540kcal 塩分14.7g

作り方

① 鍋に味噌以外の材料を入れて強火にかけ、砂糖をしっかり溶かす。
② ひと煮立ちしたら火を止める
③ 冷めたら昆布を取り出す(合わせ酢)
④ ボウルに味噌を入れ、合わせ酢を少しずつ加えながら泡立て器で混ぜ合わせる。
⑤ 清潔な保存用器に移す。
※ 1か月冷蔵保存。
※ 味噌はあえて火を通さず、後から混ぜて風味を生かす。
※ +練り辛子+マヨでドレッシングに。
※ 「味噌肉じゃが」や「味噌煮込みうどん」に。

「サバのうまみそ酢煮」

サワラ、鮭でも◎

材料(2人分)

サバ:2切れ(200g)
@うまみそ酢:120㎖
@水:240㎖
しょうが:15g
ししとうがらし:4本
七味唐辛子:適量
サラダ油

1人分

350kcal 塩分2.3g

作り方

① 下ごしらえ
・ は混ぜ合わせる。
・ しょうがは薄切り。
・ ししとうがらしは穴をあける。←爆発防止
② フライパンにサラダ油(大さじ1)を中火で熱し、サバを皮側を下にして焼く。
※ サバは皮をパリッとするまでしっかり焼くと、ウマみと香ばしさが出る。
③ 焼き色がついたら上下返し、両面に焼き色がついたらを回しかける。
④ しょうがを加えて落し蓋、煮立ってから5~6分煮る。
⑤ 落し蓋を外して火を強め煮汁を回しかけながら煮詰める。
⑥ 煮汁が少なくなったらししとうがらしを加え、軽く煮る。
⑦ トロミがついたら器に盛り、七味唐辛子をふる。

村田吉弘さんの万能調味料

煎り酒
手羽元と里芋の梅煮
豚肉とかぶのサッパリ炒め
ブリとれんこんの照り焼き

うまみそ酢
厚揚げのボリュームステーキ
サバのうまみそ酢煮
キノコのうま味噌炒め

うまみ酢
春キャベツの豚しゃぶ煮
サワラの梅煮
鶏もも肉の照り焼き
新たまねぎとセロリのマリネ
ブロッコリーとカリフラワーの和風ピクルス
かぶのうまみ酢サラダ
タケノコと菜の花のさっぱり炒め

おいしく食べて生産者応援 ポケットマルシェ

おすすめレシピ

☆☆☆食べチョク】こだわり食材が生産者から直接届くNo.1サイト

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→村田吉弘

タイトルとURLをコピーしました