【始末のアテまとめ②】残りもので簡単おつまみレシピ集|白菜・ねぎ

スポンサーリンク

NHK「まる得マガジン」で放送された
残り物でカンタン!京都人の知恵 始末のアテ

宅飲みするときに
冷蔵庫の残り物でぱぱっと肴が作れると嬉しいですね。

代々京都で暮らす、料理教室主宰の小平泰子さんが
そのコツを教えてくださいましたので
早速ご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白菜編①「白菜ナムル」

① 白菜(50g)を細切りにして(小さじ1/2)をする。

② しんなりしたらごま油(大さじ1)にんにく(少々)白ごま(適量)一味唐辛子を振って出来上がり。

白菜の浅漬け系はこちらのレシピも簡単でおいしそうでした。
相葉マナブ
鉄腕ダッシュ

白菜編②「白菜のジョン」

ジョン、だれ?(笑)

① 外葉2枚を使う。芯の根元に縦に切り込みを入れる。

② ボウルに小麦粉(大さじ1.5)を入れて(大さじ2)ひとつまみ)を混ぜて衣を作る。

③ (切ってないまま!)白菜に薄く衣をつけて芯の方からごま油(大さじ2)で焼く。

④ 表面の衣がカリッとしたら出来上がり。ポン酢だれでいただく。

ポン酢だれ
ポン酢醤油:大さじ1
白ごま:適量
一味唐辛子:適量
にんにく:少々

ねぎ編①「ねぎのふろふき」

① ねぎ(1本)をかぶるくらいの水に入れて火にかける。

※ 青い部分も香りづけと出汁を取るために入れておく。

② 白いほうがやわらかくなったら4~5㎝に切って器に盛る。

③ 白味噌(大さじ2)ねぎのゆで汁(少量)を入れて好みの軟らかさに溶きのばす。

④ 中火にかけてフツフツしてきたら練り辛子(適量)を加える。

⑤ ③をねぎの上にかけて出来上がり。

ねぎ編②「ねぎとささみの和え物」

① ねぎ(1本、上と同様青い部分も入れる)鶏のささみ(1本)(小さじ1/3)(適量)を鍋に入れて火を通し、汁ごと冷ます。

② ささみは細かく裂き、ねぎは白い部分を薄い小口切りにしゆで汁(大さじ1)醤油(小さじ1)オリーブ油(大さじ1)レモンの搾り汁(小さじ1)で和える。

おしまいに

京都の知恵がたくさん詰まっていました。
簡単にマネできそうでありがたいです。

ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました