【きょうの料理】「きんかんバター・きんかんとささみのスープ」塩水漬アレンジ

スポンサーリンク

2022年2月15日(火)NHK「きょうの料理

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
今月の手仕事は
井澤由美子さんの「きんかんの保存食」です。

ビタミンCが豊富で
古くからセキやのどの痛みをやわらげるために用いられてきたきんかん

料理にもデザートにも使える便利な保存食を学び
日々の食事に取り入れたいところ。

ここでは
きんかんの塩漬け」の応用レシピが登場。

香りのよい漬け汁を
塩や醤油のかわりに楽しんだり

身を刻んで「きんかんバター」にしたり。

早速ご紹介します!

>>関連タグ→井澤由美子

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「きんかんとささみのスープ」

材料(2人分)

きんかんの塩水漬け:2個
鶏ささみ:大2本(150g)
@きび糖:少々
@きんかんの漬け汁:大さじ1
@酒:大さじ1
☆水:2カップ
☆きんかんのつけ汁:大さじ2~2.5
ルッコラ:8枚(30g)

1人分

100kcal 塩分1.6g 

作り方

① 下ごしらえ
・ きんかんの塩水漬けは縦半分。
・ ささみは筋を除き、縦半分に切って3等分の斜め切り。
・ バットに入れてを順にまぶす。
② 小鍋にきんかんの塩水漬けささみを汁ごと入れて強めの中火で煮立たせアクを取る。
③ 弱火にし、ささみに火が通るまで3~4分煮る。
④ 器に盛ってルッコラを加えオリーブ油黒コショウ(各適宜)をふる。
※ パン(適宜)を添えても。

「きんかんバター」

材料

きんかんの塩水漬け:5個
バター:200g

全量

1520kcal 塩分4.4g 

作り方

① きんかんの塩水漬けは水けをふいて皮をむき、を粗く刻む。
※ 果肉は鍋、スープ、煮物などに。
② バターは耐熱ボウルに入れて600Wで30~40秒レンチン。
※ ラップはしない。
③ 滑らかになるまで混ぜ、を加えて混ぜる。
④ オーブンシートでバターを直径3~4㎝の円柱形に巻く。
⑤ 紙ごとラップで包んで保存袋に入れ冷蔵庫で冷やし固める。
※ 冷蔵庫で2週間保存。
※ 塩茹でしたほうれん草に醤油と和えても◎

今回紹介されたレシピ

きんかんの塩水漬け
塩水漬アレンジ「きんかんバター・きんかんとささみのスープ
きんかんの白ワインシロップ煮
白ワイン煮アレンジ「ポークソテーきんかんソー・きんかんドレッシング

手仕事12か月

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は杵島直美さんの「大根の漬物
2月は井澤由美子さんの「きんかん
4月は山脇りこさんの「たけのこ
5月は横山タカ子さんの「実山椒

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は飛田和緒さんの「味噌
2月はコウ静子さんの「柚子の保存食
4月は久保加菜子さんの「たけのこ
5月は小平泰子さんの「実山椒
6月は重信初江さんの「
7月は渡辺あきこさんの「新しょうが
8月は北村光代さんの「ハーブ
9月はムラヨシマサユキさんの「果実の保存食
9月は前沢リカさんの「
10月は野本やすゆきさんの「いくら・鮭
11月は有元葉子さんの「干し野菜
12月は荻野恭子さんの「牡蠣

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました