【きょうの料理】「甘酒で即席べったら」作り方|杵島直美の手仕事

スポンサーリンク

2022年1月17日(月)NHK「きょうの料理

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
今月の手仕事は
杵島直美さんの「大根の漬物」です。

ここでは
甘酒とお粥を使った下漬け不要の「即席べったら」を学びました。
素晴らしいアイデア!
早速ご紹介します。

>>関連タグ→漬物 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「甘酒で即席べったら」

すぐに飲めるタイプの米麹の甘酒を使用。

材料

大根:細めの部分500g
お粥:冷めたもの100g
粗塩:小さじ1
@甘酒:米麹のもの、ストレート1/2カップ
@赤唐辛子:1本
@昆布:5㎝四方1枚3g
@砂糖:50g
@みりん:大さじ1
@酢:小さじ1
@粗塩:小さじ1/2

作り方

【お粥】
・ 小鍋にごはん(50g)、(1カップ)を入れて混ぜる。
・ 弱火15分煮て冷ます。
※ 市販のものでもOK。

① 下ごしらえ
・ 赤唐辛子は小口切り。
・ 昆布は細切り。
・ 大根は皮を厚くむいて1㎝厚さの半月形。
※ 年輪の内側を使う。
・ バットに入れて粗塩をふってなじませ、一回り小さなバット2枚をのせて2時間下漬け。ザルに上げて水けをきる。
※ 大根の1.5倍重量の重石を。鍋やボウルをおいても◎
② ジッパー付き保存袋に@を入れる。
③ お粥を加え軽く揉んで混ぜる。
④ 大根の水けを拭いて袋に入れ、空気を抜いて口を閉じる。
⑤ 室内の涼しい場所で半日~1日漬ける。
※ 冷蔵庫で3日保存。

全量

470kcal 塩分5.1g

今回紹介されたレシピ

甘酒で即席べったら
柚子巻き大根の甘酢漬け

人気「即席漬け」レシピ

志麻さんのべったら漬けを使ったレシピです↓

手仕事12か月

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は杵島直美さんの「大根の漬物
2月は井澤由美子さんの「きんかん
4月は山脇りこさんの「たけのこ
5月は横山タカ子さんの「実山椒
6月は李映林・コウ静子さんの「
7月は井澤由美子さんの「キュウリのパリパリ漬け
9月はムラヨシマサユキさんの「栗の甘露煮
11月は横山タカ子さんの「くるみ

四季折々の暮らしに合う保存食と手仕事を紹介するシリーズ。
1月は飛田和緒さんの「味噌
2月はコウ静子さんの「柚子の保存食
4月は久保加菜子さんの「たけのこ
5月は小平泰子さんの「実山椒
6月は重信初江さんの「
7月は渡辺あきこさんの「新しょうが
8月は北村光代さんの「ハーブ
9月はムラヨシマサユキさんの「果実の保存食
9月は前沢リカさんの「
10月は野本やすゆきさんの「いくら・鮭
11月は有元葉子さんの「干し野菜
12月は荻野恭子さんの「牡蠣

おしまいに

どうぞ参考になさってくださいね。
今日も楽しい食卓でありますように。
ご覧くださりありがとうございました!

>>関連タグ→漬物

タイトルとURLをコピーしました